ニュース・広報
top_header
海士町HOME >> ニュース・広報 >> 注目ニュース >> ふるさと納税について
戻る

見出し

ふるさと納税について

見出し
海士町は、地場産業の振興、少子化対策、地域福祉の向上、都市・地方の共生及び次世代に引き継ぐ環境整備など、本町の特色を生かし、独創的で個性的なふるさとづくりに資する事業を推進するため、「ふるさと納税制度」の財源により、多様な人々の参加による持続可能なふるさとづくりを目指し、広く全国から寄附金を募集しています。



ふるさと寄附でがんばる海士町を応援して下さい。

はじめに
海士町は、島根半島の沖、日本海に浮かぶ四つの有人島の一つ、島前の中ノ島にある、人口約2,400人ほどの半農半漁の町。734(奈良時代)に御流の地と定められ、承久の変に敗れた後鳥羽上皇がご配流になって19有余年、島でお亡くなりになった歴史があります。


町は、国の経済対策に呼応し、遅れていた基盤整備や第二次総合振興計画の実現に向け、積極的な財政運営を行いましたが、国の地方財政対策に伴い、命綱である地方交付税が削減されるとともに地方債残高も急激に拡大し財政状況が逼迫、平成14年度には町の貯金である基金が底をつき赤字団体への転落が予想されました。



このため、平成12年には行財政改革「やるぞ計画」を策定し財政再建団体への転落を回避したところですが、平成16年の地方交付税の大幅な削減(地財ショック)により状況が一変する緊急事態となりました。



突然の地財ショックは、町税収入に匹敵する交付税の削減であり、緊急措置として「先憂後楽」の考え方による人件費の大幅削減により財政破綻を回避することにしました。具体的には、平成17年度特別職(50%~40%)、議員40%、職員(30%~16%)のカットを行い、この結果、平成17年ラスパイレス指数は72.4と全国最下位となりました。更に、早期退職制度を活用し職員数の大幅な削減を行い、町税収入(1.8億円)を上回る約2億円の人件費の削減を達成しました。



行財政改革により平成17年度、18年度は赤字補填のための基金の取り崩しなしの決算となり、平成19年度及び20年度で人件費カットの7%復元を達成すると共に、基金の取り崩しなしの予算編成を行うことが出来ました。



町は守りのための大胆な行財政改革を実施しました。しかし、守りだけでは島は生き延びることは出来ません。攻めて行かなければ島に未来は有りません。



離島は、急激に進んだ少子高齢化・過疎化など島国日本の縮図です。しかし、島には日本らしさがまだ残っており、そこには新しい価値観と問題解決のヒントがあり、最後尾から最先端への可能性を秘めています。



私たちはこれからも、離島のハンデイキャップをアドバンテージに「確かな明日へ」向かって、「小さな島の挑戦」を続けます。



「ふるさと納税制度」による、皆さんの海士町への熱い思いを心からお待ちしています。



平成20年5月26日



海士町長  山 内 道 雄





ふるさと納税制度とは

ふるさと納税制度は、お住まいの地方公共団体以外の応援したいとお思いになる地方公共団体に対し寄附を行った場合、5,000円を超える部分は、住民税などから個人住民税所得割額の概ね1割を上限に全額税額控除される仕組みです。


お住まいの地方公共団体にとっても貴重な税金ですが、「海士町応援税」として是非ともよろしくお願いします。



税制上の優遇措置(word形式:88KB)

◆ご注意



* 控除を受けるには確定申告が必要になります。

* 所得税では確定申告での課税所得金額の計算において寄附金控除が適用され、

個人住民税では寄附した年の翌年の住民税が控除適用後の税額で算定されます。



海士町からのお礼の品をお送りします
ご寄附頂いた方には、ささやかですが海士町の特産品をお贈りいたします。
寄附金はどのように活用されるの?



皆様からいただいた寄附金は、「海士町ふるさとづくり基金」に積み立て、下記の9区分事業に使用させて頂きます。なお、寄附される際には、寄附の使途をご指定下さい。



   1. 地場産業の振興に関する事業

   2. 安心して子どもを生み育てる環境整備に関する事業

   3. 安心して老後をふるさとで暮らせる環境整備に関する事業

   4. 人材育成に関する事業

   5. 隠岐島前高校の魅力アップに関する事業

   6. 都市と地方との共生に関する事業

   7. 次世代に引き継ぐ環境整備に関する事業

   8. ふるさとづくりに関する事業

   9. その他目的達成のため町長が必要と認めた事業



寄付の手続きは?

まず、寄附金申込書により寄附のお申し込みをお願いします。


寄附金申込書は、郵便・ファックス・電子メールのいずれかの方法により、

海士町役場財政課までお送り下さい。



寄附金の額は一口5千円とし、何口でも受け付けます。







 

 

寄附金申込書(word形式:48KB)

 

◆寄附金の払込方法

「郵便振替」、「現金書留払い」、「町指定銀行口座振込」、

「納付通知書払い(金融機関からの振込み)」又は

「海士町役場等での窓口払い」のいずれかの方法でお送り下さい。



* 郵便振替を選択された場合

後日、ゆうちょ銀行の振替用紙を郵送いたしますので、

全国のゆうちょ銀行及び郵便局からお振り込み下さい(振込手数料は海士町が負担します)。



* 現金書留払いを選択された場合

  寄附金申込書受領後、こちらから確認の連絡をいたしますので、その後、

海士町役場財政課あてに郵送下さい(郵送料がかかります)。

* 町指定銀行口座振込を選択された場合

   後日、指定口座を知らせしますのでお振込み下さい(振込手数料がかかります)。



* 納付通知書払いを選択された場合

   後日、納付通知書を郵送しますので、次の金融機関からお振込み下さい

(振込手数料は海士町が負担します)。

   1. 山陰合同銀行 本店及び各支店

   2. 隠岐どうぜん農業協同組合 本所各支所



◆寄附金の受領を証明する書類

後日、確定申告の手続き書類として、寄附金の受領を証明する書類等を郵送いたします。





お問い合わせ


〒684-0403

島根県隠岐郡海士町大字海士1490番地

海士町役場財政課



電話:08514-2-0114(吉元操)

FAX:08514-2-0357

E-mail:zai@town.ama.shimane.jp




トップへ

top_footer